• 測り、分析する。

    cutting-edge applications of terrestrial laser scanning and sfm-mvs photogrammetry for various kinds of landforms.

    about
  • 素材と道具

    analysis of high-definition topographic data using geospatial technologies – GIS spatial analysis tools and applications.

    tools
  • 研究課題

    various projects using high-definition topography data.

    projects

2017/11/10

"Jomon Adaptation 2: Environmental Changes and Cultural Landscape" at Korekawa Archaeological Institution / 是川縄文館・秋季企画展「是川縄文ムラを観る・描く」


A special exhibition "Jomon Adaptation 2: Environmental Changes and Cultural Landscape" is now open at Korekawa Archaeological Institution, Hachinohe City in Aomori Prefecture (Oct 14 – Nov 26, 2017). In this exhibition, we show various approaches of researches on palaeolandscapes in the prehistoric Jomon Period using both conventional and brand-new representations. The projection mapping onto a 3D cardboard model is based on the UAV-photogrammetric mapping of the modern landscapes, which are seamlessly connected to the palaeolandscapes. Please visit, if possible, the Korekawa Jomon Kan to see and feel the Jomon landscapes.

2017年10月14日から11月26日まで、青森県八戸市是川縄文館にて、秋季企画展「是川縄文ムラを観る・描く」が開催されています。

これは、是川縄文館と東京大学大学院新領域創成科学研究科社会文化環境学専攻との2011年からの共同研究で、2期目の集大成となる展示になります。縄文時代の環境がどのように変遷し、それに対して人びとはどのように適応したのか、といったテーマを、多様な方法で「観る」そして「描く」ことに挑戦しています。

その挑戦のひとつとして、高精細地形情報の活用があります。
さて、どのように・・・?

詳しくはぜひ、足をお運びいただいて、展示をご覧になっていただければと思いますが、ここではその一端を少しだけ、写真で紹介します。

右上に、赤いなにかが浮かんでいます・・・

展示の目玉?のひとつがこれ。

ダンボール3Dモデルに景観情報が映し出される、プロジェクションマッピング。

この展示では、小型無人航空機(UAV)の空撮から得た地表面情報(画像と3次元形状)を活用し、3Dデータに基づいてダンボールを積み上げた立体モデルに、現景観と復原景観を重ね合わせて表示させています。

過去の景観を復原することは容易でないのですが、さまざまな証拠から知り得る縄文の人びとの生活環境(集落生態系、とここでは呼びます)を、研究者による手描きの図像や、アーティストによるイラストレーションで伝えようとしています。それをみる人の想像力にはたらきかけるひとつの方法として、現在の景観(これは、UAVで高精細に観ることができます)から遷移する視点で、復原された景観の一端を、3Dモデルとプロジェクションマッピングで立体的に表示しているのです。

もちろん、この3Dモデルの投影図像だけでなく、研究成果のさまざまな展示がありますので、行ける方はぜひ、現地でご覧になっていただきたいと思います。


2017/11/09

EGU 2018 session "RPAS in monitoring applications and management of natural hazards" / 欧州地球科学連合2018セッション「自然災害のモニタリングと防災における無人航空機の利用」発表募集


(a PICO session at EGU 2016)

ここ数年、EGUのNatural Hazards(NH)カテゴリで開催されていた自然災害に関する無人航空機(RPAS)利用のセッションを、来年のEGUでも開催します。今回はNHやGM(Geomorphology)といった個別分野のジョイントセッションとしてだけでなく、"Interdisciplinary Events"のPICOセッションとして、学際的にも広く発表を募集します。

PICOセッションというのは、オープンなスペースで、短めの口頭発表と、大型タッチパネルでのスライド表示がセットとなった、従来の口頭発表とポスター発表の「いいとこ取り」をしたスタイルのセッションです。日本やアジアにお住いの皆様からも、多くの発表をお待ちしております。

Following successful rounds in the past years, here we announce a call for abstracts for the European Geosciences Union (EGU) 2018 session regarding the use of Remotely Piloted Aircraft Systems (RPAS) for natural hazards.
This session will be held as a PICO session of the Interdisciplinary Events, covering a wide range of research fields.
Please consider presenting your research in this session!

Travel support: 
For travel support, you must submit your abstract by December 1 (Fri) 2017.
https://www.egu2018.eu/roland_schlich_travel_support.html

ABSTRACT SUBMISSION DEADLINE:
January 10 (Wed) 2018, 13:00 CET.


Session description: 

IE3.2/NH6.3/CR2.10/EMRP4.34/GI2.10/GM2.15/GMPV5.5/HS11.54/SSS13.75 (co-organized)
The use of Remotely Piloted Aircraft Systems (RPAS) in monitoring applications and management of natural hazards 
PICO session
http://meetingorganizer.copernicus.org/EGU2018/session/27747

Convener: Daniele Giordan
Co-Conveners: Yuichi S. Hayakawa , Fabio Remondino , Francesco Nex , Marc Adams

The use of Remotely Piloted Aircraft Systems (RPAS) for civil applications opens a new perspective on the field of natural hazards. The amazing diffusion of mini- and micro-RPAS is becoming a valuable alternative to traditional monitoring and surveying applications, opening new interesting viewpoints. The acquisition of high-resolution remotely sensed data from RPAS in areas characterized by hazardous natural processes, can be a powerful instrument to quickly assess damages and effectively plan rescue missions, without any risk to the operators. The main goal of these systems, is the collection of different data (e.g. images, gas or radioactivity concentrations, etc.), and the delivery of various products (e.g. 3D-models, hazard maps, high-resolution orthoimages, etc.). The high repeatability of RPAS flights and their high cost-efficiency , allow multi-temporal analysis too. However, methodologies, best practices, advantages and limitations of these kind of applications, are currently unclear and/or poorly shared by the scientific community.
This session aims at: i) exploring the open research issues and possible applications of RPAS to the field of monitoring and management of geo-hazards; ii) collecting experiences, case studies and results; iii) defining methodologies and best practices for their effective use in geo-hazard contexts. This session concerns contributions aiming at surveying/monitoring phenomena such as landslides, floods, earthquakes or volcanic eruptions. Papers dealing with the integration of heterogeneous sensors (gas sensors, multi-spectral and thermal images, LiDAR, vision-based navigation systems, etc.) for innovative applications in the geo-hazard domain, are particularly encouraged.
In the following, some open issues that may be considered by the authors:
- Is direct photogrammetry one of the next important improvements (and needs) for RPAS?
- Will RPAS-based LiDAR sensors play a significant role in the coming years?
- How could RPAS data and products facilitate immediate decision-making?
- What will be the role of national regulations in RPAS-based mapping projects?
- Is the current automation in flight execution and captured data processing sufficient for real-time decision-making and rescue planning?
- Could online repositories and cloud processing aid data collection and processing for decision-making and rescue planning?

2017/09/18

PEPS特集号「高精細地形地物情報の地球科学的応用」

JpGU(日本地球惑星科学連合)の発行する国際学術誌であるPEPS(Progress in Earth and Planetary Science)において、高精細地形地物情報に関する特集号の編集が進められています。

"High-definition topographic and geophysical data in geosciences"
Associate Editors
Yuichi S. Hayakawa (The University of Tokyo)
Thad A. Wasklewicz (East Carolina University)
Hiroyuki Obanawa (VTI / The University of Tokyo)
Shigekazu Kusumoto (University of Toyama)
http://progearthplanetsci.org/speps_j/004.html

call for papers のページはこちらでした:
http://topography.csis.u-tokyo.ac.jp/resources/160501_speps/index.html

NHESSの無人航空機と自然災害の特集号とほぼ同時並行ですが、こちらも原稿が着々と出版されつつあります。
従来のクローズドな査読プロセスなので、査読中の論文リストが公開されることはありませんが、これまで以下の3編の論文が出版されました。

JpGUが主体の雑誌のため、やはり日本からの投稿が圧倒的に多いのですが、それ以外の国からも当然ながら投稿はあり、いずれご紹介できると思います。
高解像度地形情報に関しては類似した特集号も他の雑誌で数多く企画・出版されているのですが、ここでは、地表面に限らず、地球物理的な地下構造まで対象に含めていることがひとつの特色になります。また、「高解像度(high resolution)」と言わずに「高精細(high definition)」としているのも、独自の試みです。

なお、PEPSの特集号として表示される「SPEPS」とは、Special Call for Excellent Papers on Hot Topicsの略称です。

NHESS特集号「自然災害のモニタリングと防災のための無人航空機の活用」

EGU(欧州地球科学連合)の発行する学術誌NHESS(Nat. Hazards Earth Syst. Sci.)において、無人航空機と災害に関する特集号の編集が進められています。

"The use of remotely piloted aircraft systems (RPAS) in monitoring applications and management of natural hazards"
Editor(s): D. Giordan, Y. S. Hayakawa, F. Nex, and P. Tarolli
https://www.nat-hazards-earth-syst-sci.net/special_issue859.html

NHESSでは、はじめに投稿された原稿がまずNHESS Discussion (NHESSD)として掲載されます。
その上で、interactive discussionという、refereeによる査読とともに、誰でも参加(コメント)できるディスカッションがオンラインで行われます。これを経て原稿の改訂がゆるされれば、著者による改訂が行われ、再度査読が行われた上で、最終的な掲載となります。

上記特集号のページには、多くの投稿があることがそのリストからわかると思います。
うち、これまでに最終的に受理された論文は、以下の2件です。


  • Application of UAV-SfM photogrammetry and aerial lidar to a disastrous flood: repeated topographic measurement of a newly formed crevasse splay of the Kinu River, central Japan
    Atsuto Izumida, Shoichiro Uchiyama, and Toshihiko Sugai
    Nat. Hazards Earth Syst. Sci., 17, 1505-1519, https://doi.org/10.5194/nhess-17-1505-2017, 2017
  • Rip current evidence by hydrodynamic simulations, bathymetric surveys and UAV observation
    Guido Benassai, Pietro Aucelli, Giorgio Budillon, Massimo De Stefano, Diana Di Luccio, Gianluigi Di Paola, Raffaele Montella, Luigi Mucerino, Mario Sica, and Micla Pennetta
    Nat. Hazards Earth Syst. Sci., 17, 1493-1503, https://doi.org/10.5194/nhess-17-1493-2017, 2017


EGUの雑誌ですが、ヨーロッパに限らず、中国、台湾、日本などからも原稿が集まっています。
今後、査読プロセスが進み、各原稿の掲載が続けば、自然災害における無人航空機のさまざまな利活用を垣間見ることのできる特集号として成立することが期待されます。

ところで、無人航空機の略称としては以下のようにいくつかありますが、この特集号ではRPASが採用されています。
各論文のタイトルではそれぞれ混在していますが、著者や査読者の裁量に任せています。
  • UAV: unmanned aerial vehicle
  • UAS: unmanned aerial (aircraft) system
  • RPA: remotely piloted aircraft
  • RPAS: remotely piloted aircraft system
  • Drone


2017/07/29

announcement of hands-on session at GISA / 告知:GIS学会ハンズオンセッション「SfM写真測量による簡単マッピング」2017/10/29 Sun.

This is an announcement of a workshop on SfM-MVS photogrammetry in October. The workshop will be held as a session during the conference of GIS Association of Japan (Miyagi University, Sendai, Japan). In Japanese.

10月、宮城大学でのGIS学会にて、SfM多視点ステレオ写真測量のワークショップを行います。


GIS学会第26回学術研究発表大会ハンズオンセッション

「SfM写真測量による簡単マッピング」

http://www.gisa-japan.org/news/detail_1515.html
(2017年度学術研究大会 プログラム 2017/7/27現在)(8/29更新)

2017/10/29(日)9:00-11:00

宮城大学 大和キャンパス
会場E 412講義室(収容人数40名)

講師:内山庄一郎(国立研究開発法人防災科学技術研究所)
協力:早川裕弌(東京大学空間情報科学研究センター)

概要
SfM(Structure from Motion)写真測量とは複数の写真から被写体の立体形状を復元する技術です。UAVを用いた公共測量マニュアル(案)(国土地理院、2017)にも取り上げられるように、特に、無人航空機(ドローン)で撮影した写真からオルソモザイク画像(写真地図)やDSM(数値表面モデル)を作成する作業に調和的な技術です。ハンズオンでは、この技術の概要と使いこなすコツを解説し、写真の撮影からオルソモザイク画像の出力までの一連の作業を行います。地形データを自分で作る時代の到来です。ぜひ、ご参加ください。ノートPC(Win/mac)と電源アダプタが必要です。

持ち物
参加者持ち込みのノートPC(電源供給あり)

定員
20名(目安)

申込
資料が欲しい方は事前申し込みが必須です(申込者分のみ配布資料を用意します)。
uchiyama@防災

用意するもの
ノートPC、デジタルカメラ(スマホ可)、撮影データをPCに移す手段(ケーブル等)

2017/07/27

brief report of a workshop on low-cost L1-band differential GNSS at cm accuracies for UAV-SfM / UAV-SfMのためのL1-DGNSS活用ワークショップ開催報告

This is a report of the GNSS workshop on July 27, 2017. Mostly in Japanese but in some places English descriptions are also shown. 

2017年7月27日(木)、東京大学柏キャンパスにて、表記の低価格・高精度GNSSに関するワークショップを開催しました。 [ 告知ページ ]

「原理はともかくとしてcm精度の計測がしたい人のためのL1-DGNSSワークショップ」という副題で、10万円を切る低価格の機器を用いて、センチメートル・ミリメートルに迫る衛星測位を実践し、情報共有を行いました。

午前中は座学にて、L1帯のディファレンシャルGNSS技術に関する基本原理の確認を行いました。
午後には屋外での観測、および室内解析実験を行い、その活用可能性を議論しました。

参加者は総勢約20名、うち半数は大学、残りの半々は研究所と企業等からのご参加でした。
学生は5名と、相対的に少なく、より実務で利用したいという方が多かったようです。

当日の様子を写真で振り返ります。

UAV-SfMのためのL1-DGNSS活用ワークショップが始まりました。
午前中は座学、午後はグラウンドで測量・キャンパスに戻って解析実習です。


今回の使用機材。

GNSS受信機はUAVにも搭載可能。


部屋に戻り、後処理解析の実習を行います。


補正後のUAVフライト軌跡。




(to be continued...)

2017/06/28

a small workshop on low-cost L1 band differential GNSS at cm accuraccies / UAV-SfMのためのL1-DGNSS活用ワークショップ(仮)

an announcement of a workshop on low-cost L1-band DGNSS at UT Kashiwa Campus (in Japanese)



名称:UAV-SfMのためのL1-DGNSS活用ワークショップ(仮)
(原理はともかくとしてcm精度の計測がしたい人のためのL1-DGNSSワークショップ)

概要:10万円を切る低価格でセンチメートルに迫る衛星測位を実現可能なL1帯のディファレンシャルGNSS技術について、基本原理の確認、屋外での観測、および室内解析実験を通してその活用可能性を議論します。

基準局(Base)の設置

日時:2017年7月27日(木)10:00~15:00(ナレッジシェアリング、屋外計測、室内解析)

場所:東京大学 柏キャンパス

話題提供:内山庄一郎(防災科学技術研究所),早川裕弌(東大CSIS)

主催:GIS-Landslide研究会、地形鮮明化プロジェクト
共催:東京大学空間情報科学研究センター(CSIS)

募集人数:16名

実施形式:少人数全員参加型ワークショップ

参加条件:
・測量グレードのGNSS機材をお使いでない方(そちらの機材の方がベターです)

移動局(Rover)での観測(3分間)

持ち物:
・WindowsノートPC、日焼け止め

室内に戻って処理をした観測結果(上記の写真はPt6)

参加ご希望の方は、内山(uchiyama@防災)までご連絡をお願いいたします。